MS SQL Serverのデータをレポートで使いたい

Q&A 日本JasperReportsコミュニティページ

作成:小沢仁

MS SQL Serverのセットアップ


 

  1. マイクロソフトサイトからJDBCドライバを入手します。
    [ Web Browserから「http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=11774」ページの開きます。
    [ 「ダウンロード」ボタンを押下して、JDBCドライバをダウンロードします。
    注:本手順はSQL Server認証を使います。Windows認証を利用する場合は、Microsoft SQL Server JDBC Driver 3.0を使います。
  2. ダウンロードしたファイルを解凍します。次のようなファイルがあります。
    「sqljdbc4.jar」がJDBCドライバ・ファイルです。
  3. MS IEを使われている場合は、Webブラウザからドライバをアップロードしようとするとエラーになる場合があります。手動でsqljdbc4.jarファイルをアプリケーションサーバのlibフォルダにコピーんして、LaKeel BIサーバを再起動してください。
    MS IEを使っていない場合はこのステップを省略してください。
  4. NCHAR型を使えるように設定を追加します。
    ファイルエクスプロラーを開き、LaKeel BIサーバをインストールしたフォルダしたの「apache-tomcat-x.x.xx\webapps\lakeelbi\WEB-INF」フォルダに移動します。
    テキストエディタでファイル「applicationContext-semanticLayer.xml」を開きます。
    「<entry key="NVARCHAR" value="java.lang.String"/>」を探します。
    下に「<entry key="NCHAR" value="java.lang.String"/>」を挿入します。
    LaKeel BIは標準ではmoney型などのデータ型にも未対応です。必要に応じてそれらのデータ型とJavaのマッピングも追加してください。
  5. SQL ServerでTCP/IPを有効にします。
    Windowsの「スタート」から「Microsoft SQL Server」-「構成ツール」-「SQL Server 2014構成マネージャー」を選択します。
  6. TCP/IPを有効にします。
    「SQL Serverネットワークの構成」-「SQLxxxxxのプロトコル」を開きます。
    「TCP/IP」をダブルクリックします。
    「有効」を「はい」に変更し、「適用」ボタンを押下します。
  7. IPアドレス、ポートなどを設定します。
    「IPアドレス」タブを選択します。
    「IP4」の項目を展開します。
    [ 「IPアドレス」はサーバのIPアドレスが記入されているはずです。記入されていない場合は記入してください。
    「TCPポート」にはSQL ServerのTCPポート番号を入力します。デフォルトでは「1433」です。
    「TCP動的ポート」はSQL Serverのインスタンスが使うポート番号です。空白に設定します。
    「アクティブ」を「はい」にします。
    「有効」を「はい」にします。
    すべてを設定した後に「適用」ボタンを押下します。
  8. 設定を有効にするにはSQL Serverサービスの再起動が必要っとのメッセージが表示されます。他の設定も行うので「OK」ボタンを押下して作業を継続します。
  9. 「SQL Native Client」-「クライアントプロトコル」を展開します。
    「TCP/IP」が有効になっていることを確認します。
  10. SQL Serverインスタンスを再起動します。
    「SQL Serverのサービス」を選択します。
    再起動するSQL Serverを右クリックします(複数のSQL Serverインスタンスを設定した場合は複数のSQL Serverが表示されます)。
    「再起動」を選択します。
  11. SQL Serverのデータベースとユーザを作成します。
    MS Windowsの「スタート」メニューから「Microsoft SQL Server」-「SQL Server Management Studio」を選択します。
  12. プルダウンリストからサーバー名を選択します。
    「認証」は先ず「Windows認証」を選択して、「接続」ボタンを押下します。
  13. LaKeel BIレポート用のデータベースを作成します。もし既に作成されている場合はスキップして下さい。
    「データベース」を右クリックして「新しいデータベース」を選択します。
  14. 「データベース名」を入力して「OK」ボタンを押下してください。
  15. データベースが作成されたことを確認してください。
  16. LaKeel BIが接続するユーザを作成します。
    「セキュリティ」-「ログイン」を右クリックして「新しいログイン」を選択してください。
  17. 「ログイン」名に作成するユーザ名を入力します。
    「SQL Server認証」を選択して「パスワード」及び「パスワードの確認入力」を入力します。
    LaKeel BI専用のユーザなので、SQL Server画面にログインしないため、「ユーザーは次回ログインにパスワードを変更する」のチェックを外します。
    「既定のデータベース」にLaKeel BI用のデータベースを選択します。
  18. 権限設定を行います。
    「サーバーのロール」を選択して、ユーザのロールにチェックします。通常はデータベースを参照するだけなので管理者権限は不要です。
  19. 行えるイベントを指定します。
    「セキュリティ保護可能なリソース」を選択して、ユーザが行えるイベントをチェックします。通常はデータベースへの接続をデータを参照できる許可で充分です。
  20. ユーザが有効になっているか確認します。
    「状態」を選択して、「データベースエンジンに接続する権限」が「許可」、「ログイン」が「有効」になっていることを確認します。
    確認した後に「OK」ボタンを押下してユーザを作成します。
  21. ユーザが作成されたことを確認します。
  22. SQL Serverのセキュリティ設定を再確認します。
    SQL Serverを右クリックして「プロパティ」を選択します。
  23. 「セキュリティ」を選択します。
    「SQL Server認証モードとWindows認証モード」になっていることを確認して、「OK」ボタンを押下します。
  24. LaKeel BIのデータベース設定を行います。
    LaKeel BIサーバにログインします。
    「リポジトリ」を選択して、レポート用のデータベース定義を行うフォルダを右クリックします。
    「リソースの追加」-「データソース」を選択します。
  25. JDBCドライバ情報を入力します。
    「JDBCドライバ」はドロップダウンリストから「MS SQL Server 2005(com.microsoft.sqlserver.jdbc.SQLServerDriver)」を選択します。
    ドライバ名の前に「インストールされていません」と表示されている場合は次の手順でドライバをインストールします。インストールされている場合はドライバをインストールする手順を省略してステップ30まで進んでください。
    ドライバをインストールする場合は右の「ドライバの追加」ボタンを押下します。
  26. ポップアップダイアログが表示します。
    「参照」ボタンを押下します。
  27. ダウンロードしたMS SQL Server用のJDBCドライバファイル(sqljdbc4.jar)を選択して「開く」ボタンを押下します。
  28. 「sqljdbc4.jar」が選択されたことを確認した後に「アップロード」ボタンを押下します。
  29. ファイルが正常にアップロードされると次のようなメッセージが表示されます。
  30. 他の項目を入力した後に「テストせ鵜族」ボタンを押下します。SQL Serverに接続できた場合は「接続合格」と表示されます。
    接続できなかった場合は入力した項目値を見直してください。
    正常に接続できた場合は「保存」ボタンを押下します。
    これでLaKeel BIからSQL Serverのデータを参照することができます。


作成:小澤仁

Feedback
randomness