JasperReportsのインストールとセットアップ

一般技術情報 日本JasperReportsコミュニティページ

作成:小沢仁 株式会社レジェンド・アプリケーションズ

JasperReportsライブラリのインストール/セットアップについて説明します。

 

JasperReportsとは
JasperReportsとは、xml定義ファイルから帳票を生成するJavaライブラリです。JasperReports Server, iReport, Jaspersoft Studioもこのライブラリを使っているため、このjarファイルが同梱されています。

帳票を作成する場合は、JasperReportsライブラリを直接使うよりも、これらのツールを使うことを推奨します。JasperReports Serverの使い方についてはJasperReports Serverのページ、 iReportの使い方についてはiReportのページ、Jaspersoft Studioの使い方についてはJaspersoft Studioのページを参照してください。

本ページはこれらのツールを使わずに、独自で開発するJavaアプリケーション又はJasperReports本体を変更する開発者を対象にします。

 

必須環境
JasperReportsを利用するには以下のソフトウエアが必要です:
  • Java JDK1.6以降が必要です。iReportはJDK1.7では正常にビルドできないので、iReportで使う場合はJDK1.6を推奨します。
  • Apache Ant JasperReportsのデモを実行する場合とビルドする場合に必要

 

インストール
ダウンロードしたファイルを任意のディレクトリに解凍します。解凍すると以下のようなディレクトリが作成されます:
build コンパイルされた*.classファイル
demo JasperReportsのデモ(サンプル)プログラムと設定ファイル
dist 配布用のjasperreports-x.y.z.jarファイル
JavaアプリケーションでJasperReportsを使う場合はここのjarファイルをclasspathに設定します。
docs JasperReportsドキュメント
JasperReportsの詳細情報はこのディレクトリ内のJasperReports-Ultimate-Guide-3.pdfを参照してください。
lib JasperReportsが使う第三者ライブラリ
src JasperReportsのソースファイル
tests テストプログラム

JasperReportsのライブラリファイルはdistディレクトリ内にあります。        一般的なJavaアプリケーションで使うファイルはjaserreports-x.y.z.jarファイルです。このファイルをJavaのclasspathに追加してください。

 

デモの実行
デモプログラムはApache Antがインストール/セットアップされていることを前提にします。
コメンドプロントから「ant -version」コマンドを実行してバージョン情報が表示されることを確認してください。
デモプログラムはdemoディレクトリの下にあります。しかし、デモプログラムはlibディレクトリにあるjarファイルを利用するためJasperReportsを解凍したディレクトリの構成内で実行してください。
 
デモデータベースの「起動」
グラフなどのデモは同梱されているHSQLデータベースからのデータを使います。そのために、デモプログラムを実行する前にデモ用のHSQLデータベースを起動します:
  1. demo\hsqldディレクトリに移動する
  2. 「ant runServer」を実行する
  3. コンソール画面に「From command line, use [Ctrl]+[C] to abort abruptly」と表示されるのを確認してください
データベースの内容を確認する場合は、HSQLデータベースの管理コンソールを起動します:
  1. 「ant runManager」を実行します
  2. 接続ダイアログが表示されます。「Type」のドロップダウンリストから「HSQL Database Engine Server」を選択します。
    HSQL接続ダイアログ
    デフォルトのユーザsaとパスワードなしでログインできるので、「Ok」ボタンを押下します。
  3. HSQL Database Managerダイアログが表示しますので、SQL文を入力したりしてデータベースの内容を確認してください。
    HSQLデータベースマネージャダイアログ
デモプログラムの実行
デモプログラムはdemo\samplesディレクトリの下にあります。例えばdemo\samples\chartsはグラフのデモプログラムです。デモプログラムは以下のようなディレクトリ構成になっています:
build コンパイルされた*.classファイル
docs デモの説明
lib デモで使う第三者jarファイル
reports JasperReportsのレポート定義ファイル(*.jrxml)
src プログラムのソースコード
build.xml デモプログラムを実行するためのantスクリプト
readme.txt デモの説明(英語)
コマンドプロントから「ant」と入力するとデモプログラムが実行されます。
実行結果のファイルはbuild\reportsディレクトリに作成されます。

 

ビルドの仕方
JasperReportsをソースファイルからビルドする場合は、JasperReportsを解凍してディレクトリから「ant」を実行します。ビルドされたjarファイルは「dist」フォルダに作成されます。

 

Feedback