標準以外のフォントをiReportで使いたい

Q&A 日本JasperReportsコミュニティページ

作成:小沢仁

 

 

手順(画像をクリックすると拡大表示します)
 
標準以外のフォントをiReportで使いたい
使いたいフォントを含むjarファイルを作成し、iReportのクラスパスに追加します。

 

  1. フォントファイルをiReport用のフォルダに複写します。
    MS Windowsに同梱されているフォントを利用されてる場合はWindows\Fontsフォルダ内からフォントを複写します。次の画面では「Tahoma」フォントを選択しています。
    iReportでは拡張子が「*.ttf」フォントのみを使うことができます。「*.ttc」フォントを使う場合はfontNameに「フォント名,インディクス」を記述して、pdfFontNameにttfフォントファイルのパスを指定してインディクスを追加します。pdfEncodingは「Identity-H」にします。
    例えばIPAPGothicを使う場合は次のようにします。
    fontName="IPAPGothic,1" pdfFontName="./fonts/ipag.ttc,1" pdfEncoding="Identity-H"
  2. iReportにフォントを追加します。
    iReportのメニューから「ツール」-「オプション」を選択します。
  3. オプションダイアログが表示します。
    「iReport」ボタン、「Fonts」タブを選択し、「Install Font」ボタンを押下します。
    Font Installationダイアログから「Browse」ボタンを押下して、手順1で複写したフォントを選択します。
  4. jarファイルをClasspathに追加されたことを確認します。
    「了解」ボタンを押下します。
  5. 追加したフォントがレポートで使えるか、確認します。
    レポートに「固定文字列」を配置します。プロパティのFont nameに追加したフォント名を指定します。
  6. レポートをプレビューして見ます。PDFプレビューも行い、PDFでも正しく表示していることを確認します。
 

作成:小澤仁

 

Feedback