Jaspersoft Studioとは

チュートリアル   日本JasperReportsコミュニティページ

作成:小沢仁

Jaspersoft Studioの概要

Jaspersoft Studio(JSS)は画面からの操作でレポートを作成するためのツールです。グラフ、画像、罫線、クロス集計などを含むレポートのレイアウトをマウスの操作で設計することができます。レポートに表示するデータはデータベース(JDBC)、CSV、XML、Hibernate、Java Beansなどを使うことができます。作成されたレポートはPDF、RTF、HTML/XHTML、MS Word(Docx)、MS Excel(XLS)、Open Office形式で出力することができます。

JasperReports Serverを利用されている場合は、作成したレイアウトを画面からの操作でJasperReports Serverに登録/変更することができます。JasperReports Serverに登録されてレポートレイアウトかれレポートを定期的に生成してユーザにレポートをメールすることもできます。


レポート作成の流

レポートの作成は3ステップに分かれています。先ずはレポートのレイアウトを作成します。レイアウトの定義は画面からマウスの操作で定義することができます。文字列、データ項目、バーコードなどの部品をマウスの操作でレポートに配置することができます。フォントや色などのような配置した部品の属性も画面から設定することができます。また、演算式やプログラムの実行結果をレポートに表示するようにもできます。このようにして定義したレイアウトは拡張しがjrxmlというファイルに保存されます。このjrxmlファイルをJasperReports Serverに登録することで、Webブラウザからレポートを見ることができるようになります。

次のステップではレポートにデータを埋め込みます。レポートに表示するデータを決めます。例えばデータベース、CSVファイルなどからのデータを読み込んで表示することができます。条件に一致したデータのみをレポートに表示するようにもできます。例えば、部長は部のすべてのデータ、課長は課のデータ、チームメンバーはチームのデータのみを抽出/表示するように設定することができます。

最後のステップは、レポートの出力(エクスポート)です。作成されたレポートはPDF、RTF、HTML/XHTML、MS Word(Docx)、MS Excel(XLS)、Open Office形式など様々な形式で出力することができます。JasperReports Serverを利用される場合は、レポートの出力をスケジュールすることができます。例えば、夜間にPDF形式のレポートを作成して、設定されたユーザにメール送信することができます。


Jaspersoft Studioの画面

Jaspersoft Studioスタンドアロン版とEclipeプラグイン版とでは画面がことなります。Eclipseプラグイン版は通常のEclipse画面にJasperReportsの機能が追加されています。
Jaspersoft Studioをダウンロードして使われる場合は、スタンドアロン版になります。下の画面は、スタンドアロン版のレポートレイアウト作成画面です。

レポート編集領域でレポートのレイアウトを定義します。パレットから部品をマウス操作で配置したり、余白などレポート用紙のプロパティ(属性)を設定します。

レポート編集領域の下にある「設計」、「ソース」、「プレビュー」タブはレポートを作成する3ステップに対応しています。

  • 設計」を選択するとレポートのレイアウト編集ページが表示されます。
  • ソース」タブを選択すると、「設計」ページが定義されたレイアウトのjrxmlコードが表示されます。
  • プレビュー」タブを選択すると、データが入力されたレポートがメニューで指定された形式で表示します。

 

Jaspersoft Studio画面は、レポートの作成を支援するために以下のような要素も含まれています:

  • リポジトリ・ビュー」:JasperReports Server接続とデータアダプタの一覧が表示されます。
  • プロジェクト・ビュー」:JasperReportsプロジェクトの要素一覧が表示されます。
  • アウトライン・ビュー」:レポートの要素をツリー構造で表示します。
  • プロパティ・ビュー」:選択された要素の属性情報を表示します。属性を編集することができます。
  • 問題ビュー」:レポート定義の問題一覧を表示します。

 

Jaspersoft Studioはプロジェクトと言う単位でレポートを管理します。一つのプロジェクトに複数のレポートを定義することもできます。レポート定義を編集する場合はプロジェクト単位で行います。レポート毎にプロジェクトを作成することもできますが、同時にレイアウト定義の編集を行う必要があるレポートを一つのプロジェクトに纏めると便利です。

さて、Jaspersoft Studioを使ってみましょう!それでは「Jaspersoft Studioのインストールとセットアップ」に進んでください。

 

Feedback
randomness